HOME>トピックス>住宅寿命を延ばすことができる外壁塗装をしよう

住宅寿命を延ばすことができる外壁塗装をしよう

家

築年数が経っている住宅は注意

大切な住まいで末永く快適に暮らすには、一定期間ごとに外壁塗装を行う必要があります。外壁塗装は住まいをキレイに見せるだけと誤解されるケースも多いのですが、実際には家屋の寿命と深く関わっており、軽視できません。壁面の塗膜は雨水から建物を守る防水機能も担っていますから、劣化が進んだ塗膜では、その役割りを果たせなくなる訳です。そのことで壁が弱くなって亀裂が生じた場合、そこからも雨水が入って来ますので、家屋の傷みが一層早まってしまいます。建物の内部は外壁と違って水の影響はほぼ想定されていないため、無防備な状態と言って良いでしょう。例えば雨漏りによって壁や柱が腐った際の被害は甚大ですので、築年数が多い住まいほど注意が必要です。兵庫県には優れた塗装業者が揃っていますから、長年塗り替えていない場合は色々な業者から見積もりを集め、先ずは比較するところから始めてみては如何でしょうか。

作業員

プロに依頼するメリット

ホームセンターなどへ行けば、兵庫県でも塗料や足場の材料などが売っているため、器用な人なら外壁塗装も自力で行えるかもしれません。ですが、機能面や耐久性という点に関しましては、また別の話となるのではないでしょうか。外壁塗装はただ塗れば良いという訳ではなく、重ね塗りなどを含めましても、それは全体の一工程に過ぎません。本当に大切なのは事前の壁面洗浄、ならびに亀裂がある場合のシーリング、そして的確な養生が、耐久性や仕上がりに大きく影響します。また、塗料の密着性を高めるプライマーの塗布も不可欠で、鉄の部分ではサビや古い塗膜をそぎ落とすケレン作業が必要です。とにかく塗装に入るまでの下地調整に大変な手間が掛かりますから、DIYではそこを妥協してしまうケースが多くなっています。これがおざなりでは塗料の乗りが悪く、直ぐに剥がれてしまい、シーリングが不十分なら雨漏りも改善されません。ところが、プロなら面倒な下地調整も職人技で行ってくれるため、耐久性が高く、丁寧な養生で塗料のはみ出しなども抑え、美しく仕上げてくれます。そこが素人との大きな違いと言えますが、何より楽ですので、作業はプロに頼んだ方が良いでしょう。